特集記事

強いショックを受ける体験

悩む男性

ptsdという症状は、現在多くの人が耳にしたことがあるものとなってきました。強いショック体験やストレスを受けることにより心のダメージとして残っているもので日常生活で強い恐怖を感じることがあります。

More...

再体験という症状

顔を覆う男性

ptsdには、再体験とよばれるような症状があります。特に意図していない状況でも、急にその時の体験や記憶が突然思い出させてしまうというものです。フラッシュバックという症状は、現実と思考の区別ができなくなることもあります。

More...

原因を回避する

うなだれる女性

ptsdの症状の一つに、回避というものがあります。原因となった出来事を回避していくもので、意識的や無意識的に行動を避けるということが行われます。他にも記憶がなくなってしまうことや、感情の麻痺というものもあります。

More...

神経が過敏になる

慰める人

ptsdの症状で悩んだいる人の中には、過覚醒の症状で悩んでいる人もいます。ちょっとした事にもすぐに警戒態勢になることや、精神的に過敏になっている状態です。日常生活に支障をきたすような場合もあります。

More...

落ち込む人

心に大きなダメージ

過去のつらい経験から発症するptsdの治療ならこちらのクリニックで行っています。症状の疑いのある方は相談してみましょう。

話し合う人

近年、精神疾患に関する話題が様々な所で行われており、精神疾患に関する知識も多くの人が持つようになってきました。
うつ病や統合失調症、適応障害等の言葉は多くの人が知るものです。
ptsdも、知名度の高いものの1つです。ptsdは、心的外傷後ストレス障害と呼ばれるものでもあり、何か強いショックが合った時に発症するものです。
事故や事件、災害等自分の命の危険を感じるくらい大きなストレスを感じた際に、時間が経過した後もしばらくその時の記憶が急に蘇って、精神的に不安定に陥ってしまうことや、その出来事前後の記憶がなくなる等の症状が現れます。
大きな目安として1ヶ月以上経過しても症状が続いていくような時に発症します。
また、精神的に過敏になっている状態が続き、不眠を抱えることや、集中力が低下してしまうという症状も出てきます。
記憶が急に蘇ってくるものをフラッシュバックと言います。
フラッシュバックは、その当時の記憶や感情、痛みや臭い等まで全部蘇ってくるもので、現実と記憶が曖昧になり非常に混乱するということがあります。

ptsdの症状が重度になると、日常生活に支障をきたすこともあります。
肉体的にも精神的にも張り詰めていることが多く、非常に大きなストレスを抱えてしまうことになります。
現在ptsdの治療として行われているものには、トークセラピーやグループセラピーと呼ばれるものがあり、自分の体験を同じような体験をした人や、セラピストに打ち明けることにより、少しずつ心を開放するというものです。

ピックアップ

なりやすい状況や性格傾向

男性二人

ptsdには、なりやすい性格傾向があります。内向的な人の場合や完璧主義者の人の場合は症状が出やすいと言われています。また、事故や災害の場合多くの人が発症しているので早めに治療を受けることが必要になります。

More...

効果の高いセラピー

頭をかく男性

ptsdの治療に効果的だとされているものに、トークセラピーやグループセラピーがあります。自分の体験や悩みを人に話すことにより、出来事をしっかりと受けて止めてショックを和らげていくことができます。

More...

診断基準と接し方

海と女性

ptsdはDSM-Ⅳ基準というもので診断されることが一般的です。また、他にもICD-10基準という基準を基にしていることもあります。診断された場合は、治療方針や日常生活で気をつけること等を医師と相談を行います。

More...